減塩食を楽しんで健康維持

  • 2015.07.07 Tuesday
  • 01:47



塩分3グラム、カロリー600以下で、
地元食材を使った美味しいメニューをつくろうと
3年前、親しい仲間たちと立ち上げた
医食同源プロジェクト「宮城カルテ食堂」事業。

昨日、応募のあったメニューを審査する
第3回認定委員会を開いた。






この事業は、東日本大震災直後、
被災地では急激な環境の変化で、
体調を崩す人が急増したことから、
病院関係者も巻き込んで始めたもの。


もちろん減塩、低カロリーは
高血圧等の脳血管障害を意識していたが、
事業の準備段階で、私は脳出血で倒れた。
なんか笑えない笑い話だった。





すでに30店舗以上のホテルや
レストラン、飲食店が参加している。


レシピ集も3冊発行している。
ご覧になりたい方は、
宮城カルテ食堂で検索してください。



今は反面教師的な役割でも構わないと思っている。

これからもライフワークの一つとして、
活動を続けて行きたい。




 
       グー
     ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
 味由部長を元気づけるためも
頭をバシバシと左クリックしてネ!


にほんブログ村でのランクが上がるのです      
パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ
 
 

女子大生と一緒に新メニュー開発☆味由部長緊張の女子大潜入!

  • 2014.10.02 Thursday
  • 12:19



地元野菜の乾物を使った、新メニューの開発ということで

仙台市内にある、宮城学院女子大学食品栄養学科の協力を得て

女子学生による、料理コンテストを催してきました(9/16)


この事業は、味由部長も言い出しっぺの一人である

減塩、低カロリーを掲げた「宮城カルテ食堂」の取り組みなんです


趣旨に賛同した飲食店に、地元食材を活用したメニューを考案してもらい

美味しく、体に優しい食事を提供しようと始めた

病院と飲食店とが連携したコラボ企画です 
握手





課題として出された食材は、宮城県登米町森林組合さんが

太陽光パネルの乾燥庫でつくった、地元野菜の乾物です

詳細は、仙台放送でニュースになりましたので、以下をご覧ください




 



下の写真は、味由部長が審査員特別賞に選んだ

「繊維たっぷりレンコンのはさみ焼」

えのきだけの乾物の風味が、しっかり活かされていた逸品でした




  ”酒好きのお父さん代表として、あなたのような
          日本酒に合う料理を作れる娘が欲しかった”



とコメントを述べ、一応、女子大生たちには受けていた模様





※他の審査員は料理関係者が多かったので、
    味由部長が押すメニューとは一致しなかった





※失礼は承知で、左手一本で賞状を渡し、いつものように面白話を!



宮城カルテ食堂は、味由部長の親分の横山女史が推進役となり


東北公済病院の看護師長や主任栄養士さんらと

塩分3グラム、カロリー600gをめざし、取り組みを進めています



脳卒中につながる高血圧への対策は、何よりも食事管理ですからね

恥ずかしながら、味由部長が脳出血で倒れる1年位前から、企画してましたので

味由部長は悪い見本として、事業の中枢でポジィティブに活動してます

自分の活かし方、処し方は、心得ていますから どーんと来いだ! 
筋肉



リハビリは、体を動かすだけじゃないですよ

体に優しく、そして美味しい ”食”を楽しんで食べること

体と心のリハビリに”食”は、重要 重要!




一日一回味由部長を元気づけるため
 頭をバシバシとクリックしてネ!

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村

パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ

 

宮城カルテ食堂の新年会

  • 2014.01.17 Friday
  • 23:36
味由部長主催「宮城カルテ食堂の新年会」兼「味由部長の遅ればせながらの快気祝い」を、華々しく、且つ3人でこじんまりと実施して参りました

場所は上杉にある”すき焼きかとう”
良質の仙台牛を食べさせてくれるお店だ



ゲストの二人は女性で、二十数年来、公私ともお世話頂いている横山A子ちゃんで宮城カルテ食堂の代表。もう一人は、A子ちゃんの同級生で、宮城カルテ食堂の切り盛り役、フードコーディネーターのIちゃんだ

横山A子ちゃんネタは、これからも度々出てきると思います

さて、何からレポートしたらいいのか悩む味由部長です!

”宮城カルテ食堂”についてか…
はたまた”遅い快気祝い”についてか…
何はともあれ”すき焼きかとうの美味しい料理”についてか…


じゃ、初めに遅い快気祝いから話をします


味由部長が東北公済病院を退院したのは2013年2月26日大安
今から11か月ぐらい前のことである

2月28日からは職場復帰し、10時〜15時までの慣らし運転を1か月
4月1日からは、右半身マヒのまま、通常の勤務体制に戻り、完全社会復帰を成し遂げたのであります

2月26日に退院し、その場で挨拶に向かったのは味由部長の職場
その次に向かったのが、横山A子ちゃんが社長を務める設計会社なのです

A子ちゃんには東北公済病院に入院する際、大変お世話頂いて、その後退院に至るまで便宜を図ってもらいました。

平民の味由部長が南東角の日当たりのいい一人部屋ですよ
気持ちを落ち着かせるうえで、一人部屋は効果的でした
※気持ちも含め体調が良くなってきたので、話をすることもリハビリということで、後半から4人部屋に移りましたけどね


お見舞いを頂いた方には、基本、半返しでの快気祝いを贈りました

が、が大変恩義をいただいたA子ちゃんに何を快気祝いに

家族で悩み、食事にご招待しようとなり(中抜き)、とうとう今日に至ってしまいました冷や汗びっくり



次に 宮城カルテ食堂とは


・東日本大震災の被害を受け、風評被害等により販路を絶たれている農林水産の生産者、加工業者

・一夜にしてあらゆるものを失い、心的、身体的被害を受けている被災者

・地域医療を通して健康意識の高揚を図ろうとする医療機関

・質の高い農林水産物を使い、健康を意識したメニューづくりで新たな顧客獲得を目指す飲食店


これらの問題解決を図るため、横山A子ちゃんと味由部長が立ち上げたのが、「医食同源プロジェクト事業」で、宮城カルテ食堂はメイン事業です

味由部長が病に倒れる1年前から、協力者選びや資金集め等準備を進めていた


中心はA子ちゃんが代表を務めるNPO法人QOLを中心に、東北公済病院と飲食店が連携

趣旨に賛同したレストラン、料理店、飲食店、ホテルが、減塩、低カロリーのメニュー開発を、東北公済病院の管理栄養士さんや、フードコーディネーターの指導を得て創出するもの


審査委員会を設け、塩分3g、カロリー600g以下で、内容的にもお客様の支持が期待できるものに対し、宮城カルテ食堂認定を与える

写真は認定店のマークである
既に20を超える店舗が”宮城カルテ食堂”の認定を受けている
後日、認定店の突撃レポートを敢行したいと思います


やっとここで”すき焼き”のレポート

すき焼きなんて、何年振りだろう と思った味由部長

実は昨年12月、山形県米沢市に出張したとき、すき焼きランチ食べてました


 

喜び勇んで、いざ、すき焼き

ま、またやってしもうた!

すき焼き食べることに夢中で、写真撮るの忘れてた

ということで、すき焼きパーティ終盤の鍋の中の写真しか…



ごめんなさい

写真はひどいですが、肉は最高の仙台牛でした



 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ブログランキング

ここをクリックし投票願います。 すると現在の「にほんブログ村」でのランクわかります。
にほんブログ村
にほんブログ村

プロフィール

profilephoto
私の名前は味由である。味のある顔をしている。 ご主人様とは顔が瓜二つで、ゲーセンのUFOキャッチャーでキャッチされたのが出会いである。 このブログは、2012年11月に脳出血で倒れ、右半身が不自由になったご主人様と私こと味由部長が、リハビリに、震災復興に、まちづくりに、遊びにとポジティブな生き方を選び、そして歩むドタバタ奮闘記である。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM