津波被害の大きかった女川の現状を見てきました

  • 2016.12.07 Wednesday
  • 13:02

 

 

 

先の東日本大震災において、

壊滅的な被害を受けた

女川町の現状を見てきました。

 

 

昨年12月に女川駅前商店街

「シーパルピア女川」がオープンし、

3年半に渡る仮設店舗暮らしに別れを告げましたが、

1年が経過してどうなっているのか心配でした。

 

 

 

 

 

 

昨日は、味由部長の社長さんが

パーソナリチィを務めるFM仙台の取材で、

かまぼこの高政の若旦那さんから、

進む街づくりを案内してもらいました。

 

 

 

 

町のほとんどが津波で破壊され、

ビルの屋上に観光バスが乗っている光景が、

今でもしっかりと目に焼き付いていますが、

当時の面影はなく綺麗な街に生まれ変わっていました。

 

 

無人駅の女川駅を降りると

目の前にはプロムナードが整備され、

真正面に海が広がる。

 

元旦には初日の出が正面から上がってくる

そんな粋な仕掛けが施されている。

 

 

 

駅には温泉も併設されており、

外には足湯があり趣がある。

 

JR石巻線もかさ上げされ、

路線も変更され津波対応はバッチリ。

 

 

 

 

 

町民らがみんなで考えた”将来のまちづり”

に向け力強く歩んでいる印象でした。

12月24日のクリスマスの夜には、

花火大会がもようされるとのこと。

 

 

 

 

☆ お願い!皆さんの元気を下さい
味由部長の顔をバシバシと左クリックしてネ!

        グー
    
     にほんブログ村   

にほんブログ村でのランクが上がるのです      
パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ

今日で震災から5年 言わないでいたが言わせてもらう

  • 2016.03.11 Friday
  • 07:36



平成28年3月11日。
今日で東日本大震災が起きて5年が経ちます。


これまで被災地は、
全国、いや全世界の人々の心温まる支援に支えられて、
目覚ましい復興を遂げてきました。
感謝の言葉しか出てきません。


しかし、支援される側にいたことで、
言いたくても言えなかったことがあります。
今日はチョットだけ言わせて下さい。





原発事故は人災であり震災ではないのです。
福島は被災地の面もありますが、
あくまでも事故現場です。


この忌まわしい原発事故さえ無ければ、
全精力を地震、津波による被害の復興に向けられ、
すでに傷口は癒えていたはずです。


ただし、大切な人を震災で亡くした
ご遺族の方々の悔しさ、無念さは、
一生消えることは無いでしょう…。





いまだに東北全体
原発の風評被害で苦しんでいます。


捕り物帳ではありませんが、
いったい誰が下手人なんでしょうか…?


下手人は東京電力と当時のM党のKAN内閣。
当時のE幹事長(東北大学出身)が今もテレビに映るたび、
ウソつき野郎と腹が立つ。





東北は東北電力の管轄で、
決して東京電力のお世話になっていない。

(大人の事情でお世話になってきたエリアはありますが…)
 
 
東京電力の犯したツケを
何で東北人が払わされるんだろう。





私の住んでいる宮城県大和町にも
現在、火の粉が降りかかろうとしている。


東京電力福島第1原発事故で発生した
指定廃棄物の最終処分場建設問題で、
丸川環境大臣が、宮城県内一か所につくると
再度、言及していろ。


候補地として3か所挙げられたうちの
1つに大和町が上げられています。


100万都市仙台に隣接している町ですよ… 
東京電力からびた一文貰っていない町ですよ。




ふざけるなよ〜 (・へ・)




さて、今日から震災後6年目となります。
表面的には復興が進んでいるように見えますが、
被災地の中に入り込めば、入り込むほど、
色々な問題が山積となっております。



自分の頭の上の蠅も追えない私ですが、
他人の頭の上の蠅を追うことはできそうです。


何言っているんだと言われるかもしれませんが、
でも、そんな気がします。




やれることはやってみますヽ(^。^)ノ




  ☆ お願い!皆さんの元気を下さい
味由部長の顔をバシバシと左クリックしてネ!

        グー
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
 
 にほんブログ村でのランクが上がるのです  
 パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ
 

子供の頃サンダーバードに憧れた

  • 2016.02.09 Tuesday
  • 06:17



子供の頃、サンダーバードを見て憧れた。


50年も前のことでしたが、
長い年月を経た今、またブームを迎えている。


困っている人がいれば疾風のように現れて、
疾風のごとく名を残さずに去って行く。
まさに日本人の好みの筋書きです。





さて、あと一カ月で
東日本大震災が起きて満5年を迎える。


あの時の自衛隊さんの活躍は、
今でもしっかりと脳裏に焼き付いている。


初動での救助活動、行方不明者捜索、被災者支援など、
地道な活動でした。


平和な日本に”自衛隊があって良かった”と、
改めて感じた出来事でした。








サンダーバード現ると思ったのが、
在日アメリカ軍さんの迅速な行動でした。


壊滅的打撃を受けた仙台空港の沖に突如現れ、
荒れた海から上陸作戦を決行。
大型機材であっという間に滑走路を整備したのだ。


そして矢継ぎ早に、
サンダーバード2号のような大型輸送機を
がれきに囲まれた仙台空港に離着陸させ
被災地の支援にあたったのです。


それを彼らは『ともだち作戦』と呼んで、
被災者に大きな安心感と希望を残し、
疾風のように去って行った。


災害救助だけでなく、
大震災で無防備となった日本に、
米軍ありきを見せつけ、
非友好国に付け入る隙を与えなかったのです。


正にサンダーバードでした。






☆ お願い!皆さんの元気を下さい
味由部長の顔をバシバシと左クリックしてネ!

        グー
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
 
 にほんブログ村でのランクが上がるのです  
 パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ

津波注意報

  • 2015.09.18 Friday
  • 05:56



今朝、強い雨の音で目を覚ましたら
津波注意報が出ていました。


チリで大きな地震があったのは、
昨日の朝7時ころ。

今は5時過ぎ…。


日本で揺れを感じる訳はないのですが、
丸一日かけて津波となってやってくる。




55年前にもチリ地震が起こり、
三陸地方に6mの津波が押し寄せ、
100名を越える死者が出ました。

三陸地方はきれいなリアス式海岸が続き、
それゆれに海岸では津波の高さが増す。

自分も宮城県民なので、
子供のころの記憶にチリ地震=津波、
と言う思いが強く残っている。




東日本大震災から4年が過ぎ、
まだ震災の記憶が鮮明に残る中、
今回、津波注意報が出てますが、
何も起こらないことを祈ってます。



”災害は忘れたころにやって来る”

忘れていなくてもやって来ますよね。

これでまた慣れっこにならないように、
という戒めの言葉だと思っています。






   ☆ お願い!皆さんの元気を下さい
味由部長の顔をバシバシと左クリックしてネ!

        グー
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
 
 にほんブログ村でのランクが上がるのです  
 パトランプ味由部長ブログランキングに参加パトランプ


 

今度、大きな地震が来たならどうしますか

  • 2015.04.22 Wednesday
  • 06:22



4年前の東日本大震災で
震度6を1年間で5,6回経験した。

もちろん、その当時は脳出血発症前でしたので、
緊急地震速報が発令されるたびに迅速に行動し、
安全なところに避難し、身構えたものでした。




今、大きな地震が来たらどうなるのだろうか。
右半身にマヒを抱え、
恐らくその場で固まってしまい
身動きが取れずパニックに…。

頭の中でシュミレーションしてないと
冷静な対応は取れないです。

恐らく無理かと思いますが、
何も準備していないよりはマシですからね。




思い出しましたが、
脳出血で倒れ2週間ぐらいたった時、
震度5の地震がありました。

毎日、殆ど病院のベットの中にいましたので、
携帯が、けたたましく鳴り
緊急地震速報を伝えた時、
もうどうにでもなれ!
って感じで目をつぶっていましたが、
その時の看護師さん達の機敏な対応は流石でした。

急ぎ各部屋を回り、
患者の頭に掛布団をサッとかけてくれた。

やっぱり頭をガードするのが一番なのです
グッド




味由部長の住む宮城県は、
大きな地震が定期的に起こる。

最近では、蔵王に火山情報が出され、
噴火がいつ起きても不思議でない状態にある



”災害は忘れたころにやって来る”
とは戦前の物理学者「寺田寅彦」の言葉。
でも、災害は忘れていなくてもやって来ます。

運を天に任せず
日頃の備えをできる範囲でしましょうね (^_^)/

 



  味由部長からのお願い  合掌
 よかったら、一日一回、
 味由部長を元気づけるためも
 頭をバシバシと左クリックしてネ!


    ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村
にほんブログ村でのランクが上がるのです      
パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ
 
 

4年目の3月11日をむかえて

  • 2015.03.12 Thursday
  • 06:20



3月11日。
東日本大震災から4年が経過した。

テレビでは、
朝早くから被災地の現状を伝え、
決して忘れてはいけないと、
震災の風化を声高に訴えている

でも、震災の風化をもたらしているのは、
年月の経過によるものだけではなく、
マスコミにも原因があるのでは……と思う。




地震や津波の自然災害と、
福島原発の事故を
一色単にしているようだが、
原発事故は、大震災の後に起きた
あくまでも、人的災害だということを忘れないでほしい。


地震や津波で、
多くの人の命を奪われ、
家や街を一瞬にして飲みこまれた心の悲しみ。

原発事故で故郷を追われ、
放射能の恐怖に怯える精神的苦痛

被災者の痛みもそれぞれ違う。
もう一度言うが、一色単にしないで、
それぞれ深く考えて欲しい。




話は変わりますが、
実は味由部長の実家は、
仙台市の宮城野区にあり、
津波の直撃を受けた蒲生海岸から、
4.5キロの七北田川沿いにあります。

震災当日、蒲生地区では、
数多くの民家が津波の直撃を受け、
激流となった七北田川に流されました。
そして、実家の先の
川が右曲する5キロ地点の堤防に、
折り重なるように激突した。


仙台平野では、
海岸から5キロあたりまで、
津波が到達していた。

味由部長の実家は、
キリンビール仙台工場が防波堤となり、
津波は到達しなかった。


一方、奥さんの実家は、
同じ宮城野区にあるが、
家の近辺は、地震で大きな被害を受けた。

家は大きく傾き、
人が住めない状況となり
今は取り壊し、更地となっている。

国道4号線バイパス沿いに家があったので、
車で家の側を通る度に、震災を思い出す。



大震災から4年が経過し、
3月11日当日の記憶も薄らいできた。
これって震災の風化なのかなぁ…。




 味由部長からのお願い  合掌
 よかったら、一日一回、
 味由部長を元気づけるためも
 頭をバシバシと
左クリックしてネ!


    ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村
にほんブログ村でのランクが上がるのです      
パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ
  

原稿用紙15枚

  • 2015.02.08 Sunday
  • 08:24



昨年末、知り合いの出版社さんから、

地元の大学が発行している「震災学」への原稿依頼を受けました。

東日本大震災発災時に、味由部長が取り組んでいた

被災事業所支援の初期対応について、

400字詰め原稿用紙15枚にまとめて欲しいというもの。

その場の雰囲気で、軽い気持ちで”いいよ”って、引き受けてしまったのです。


ところが、新年を迎えたと同時に、

原稿のことをすっかり忘れていたんです。

2週間前に出版社の方から、”できましたか”のメールがあり ギャー(>_<)




ご迷惑をかけた出版社さんは「荒蝦夷(あらえみし)」といって、

宮城県を中心とした東北に関する書籍の編集・出版を行っている。

立ち上がりの時に、味由部長がちょっと係わらせていただいてました。


地方で出版社を経営するって大変難しいことなんですが、

優秀で、頑張り屋さん達なのです。




味由部長奮闘記の中で、震災の手記的なものをまとめていたので、

急いで、加除修正を行い、出来上がった原稿は、

何と原稿用紙20枚以上になってしまいました。

金曜日に、そのまま荒蝦夷さんにメールで送ったところ、

読み応えがあると言うことで、オーバー原稿になってもOKがでました。


テニオハや言い回し等の修正をお願いし、

あす月曜日に、見出し等の打ち合わせをすることになりました。

風邪をおして一応頑張ったので、いや〜肩の荷が下りました  (^^ゞ




今思えば、脳出血で倒れてから、

あまり熟考するという行動が苦手になっているというか、

漫画のオーバーヒートしたロボットの様に、

考えていると、頭から煙が出てしまいそうなんです
ロボット


雑誌を読んだり、新聞に目を通したりしても、

目には映るのですが、中々、頭の中には入ってこないのです。


特に、取り扱い説明書は絶対無理なんです。

後遺症だと思います。




でも、本当にブログやってて良かったと思います。

短編でも、ほぼ定期的に文章を考え、綴ることを繰り返していたので、

今回、大学(味由部長の出身校)や出版社に迷惑かけず

原稿をまとめることができたんです。


よかった、よかった (^.^)/~~~




   よかったら、一日一回、味由部長を元気づけるため
     頭をバシバシと2回左クリックしてネ!
    にほんブログ村でのランクが上がるのです
      
           ブログランキング・にほんブログ村へ
             にほんブログ村
     パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ



 

災害が起きるたびに、今、何ができるのか深く考えます

  • 2014.08.20 Wednesday
  • 20:06
今朝、広島市で豪雨による土砂災害が起こり、幼い子をはじめとする、多くの犠牲者が出るという痛ましいニュースが飛び込んできた。特に今夏は、大雨による大きな被害が出ており、その悲報に接するたびに、東日本大震災の被災者である東北人として、その悲しみが痛いほど伝わり、無事であって欲しい、早く立ち直って欲しいと、祈り、願うばかりです。




東日本大震災の当初、味由部長は国から震災アドバイザーの認定を受け、脳出血で倒れる前日まで、震災復興初期の企業の支援を行ってきました



宮城、岩手、福島各県で、まだ、がれきの後片付けが始まったばっかりの頃から、沿岸部を走り回り企業支援を行い、全国各地から要請があればお邪魔して、被災地の現状と課題の報告に加えて、震災を教訓として企業として対応しておくべきこと(BCP)など、講演も行って来ました。

東京、静岡、愛知、大阪、京都、香川、愛媛…、短期間で、これまでの一生分の新幹線に乗った気がする



障害を持つ体になってしまいましたが、今、一人の社会人として、何ができるかを時々考えることがあります



というか、できることから実践したいと思っています





無残な荒浜郵便局
※3月31日に味由部長が津波エリアに入って活動を開始した時の写真。
若林区荒浜の被災状況であるが、知り合いのお店の人たちは、七郷中学校に
避難するなどして無事だった。この写真は、味由部長がシャッターを切った
唯一のものです。その後、一枚の写真も撮っていない。いや撮れなかった





流れ星 話しはかわりますが、今日、突然、”味由部長のブログ面白いね”と知人から言われました


何で味由部長が、俺だってわかったのさと言うと



ばればれだよ!と笑って去って行きました 
見る



味由部長はお気楽なブログばっかりアップしてますが、右半身のマヒは重い!?



重いと思うと、急に足首が内側に曲がって来て、ひざに力が入らなくなる。右ひじもグニューと屈曲して硬直し、歩くことがままならないことがチョクチョクあるので、あまり考えないようにしてます



でも、色々工夫しながら、もちろん人の助けを得ながら社会復帰し、ノーマライゼーションを実践しています!!






流れ星 またまた話は変わりますが、最近、新幹線で出張に行く機会があるのですが、杖をついて、荷物持って、改札機を通過するって大変ですよ



だって、切符入れるところ右側なんだもの。取り出すところも大変



駅員さんから、お困りですか?と声を掛けられたことが一度もありません 
駅



JRや郵政や大型スーパーなど、障害者が社会に出てくるのを助ける、サービス介助士の資格を社員に取らせているって聞いたけどなぁ



ちなみに味由部長は、サービス介助士2級を持ってました(資格更新するの忘れてました
悲しい



今日は真面目な話から入って、ドタバタな話で終わって申し訳ありませんでした



夏バテ気味の味由部長でした 
ビール



  毎日味由部長を元気づけるため
  頭をバシバシとクリックしてネ!

     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村

 パトランプ味由部長ブログランキングに参加中パトランプ

 

ラジオ出演してきました

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 20:36
味由部長ラジオ番組に出演してきました!


横山A子ちゃんがパーソナリティを務めるFM仙台(Date fm)

震災復興番組「がんばろう宮城」希望のラジオ
On AIR 毎週火曜日 16:00〜16:15


5月8日、新潟出張から帰ってきたその足で拉致されスタジオへ

この番組への出演は2度目で、前回は2年半くらい前でした

もちろん、脳出血で倒れる以前で、震災復興に打ち込んでた頃でした

震災の2週間後から被災現場に入り、がれきやヘドロの中を愛車のホンダスーパーカブで走り回り、被災事業所支援にあたった事などを話したことを覚えています

その時のリクエスト曲は、地元仙台出身のRake(レイク)

『100万回の「I love you」』でした


しかし、今回、A子ちゃんから番組出演を依頼された時、直ちに断りました

だって、しゃべっている間に、マヒでろれつが回らなくなたら…

大丈夫だからと言うA子ちゃんには逆らえませんでした

何せ病に倒れてから、本当にお世話になりっぱなしですからね

生放送でなく録音なので、渋々承諾しスタジオへ




不安を抱えながらも快調に収録が進んでいった

が、がその時、不覚にも私の杖が床にガチャンと大きな音とともに倒れてしまった


す、す、すいましぇ〜ん冷や汗

ヘッドホンをしていた方には、この音はダメージだったはず

録音なので、つなぎ合わせOK、何食わぬ顔で直前の話からリスタート

ふ〜っ 話の中味はともかく、ディレクターさんからグッドサインが出ました


笑うなよ!  リクエスト曲は、ももいろクローバーZです

中島みゆき作曲の新曲「泣いてもいいんだよ」

本当は「進め!」が一番お気に入りなんだけどね



色んな経験を積んで、一歩一歩社会復帰する味由部長なのです

 

味由部長風評被害に思う

  • 2014.02.26 Wednesday
  • 00:20
このまえの日曜日に、CS放送で「3.11その日、石巻で何が起きたのか〜6枚の壁新聞」の再放送をやってました

石巻日日新聞の、震災直後から、電気が通り新聞が印刷できるまでの7日間を描いたもの

目頭を熱くしながら最後まで見てました悲しい

何故か新聞記者役の長嶋一茂のヘタな演技にも……不覚!






震災後まもなく3年が経過します

被災地では復興が確実に進んでいますが、その陰で置き去りにされ、忘れ去られていることがたくさんあります


味由部長は倒れる前は、復興支援の前線で走り回ってました

その時は多くの企業が、CSR(企業の社会的責任:corporate social responsibility)の下で様々な形で被災地支援にあたっていました

今でも、東北復興支援のセクションを持ち続けている企業もあります

頭が下がる思いです



味由部長は、仕事の一環として、西日本にある財団の復興支援のお手伝いをしています

地域経済の復興支援にあたる団体に助成金を援助しているのですが、有難いことに、いまだに支援の手を緩めないでいてくれてます

担当のY部長やS課長の熱い思いが伝わってくるので、味由部長としても、本当の”困りごと”に立ち向かっている人たちを推薦しています

3年も経つと、"地域のために自分を投げ打って…"は少なくなっており、片手にそろばんを持って被災地支援を……が多くなっています

儲け仕事は地域にお金が回るので、決して悪いことではないのですが……

全国の支援する人たちも、震災後1年ぐらいはテレビや新聞などのマスメディアから情報が入り、ある程度、正確な判断ができていました。

しかし、現在では、被災地の情報が極度に少なくなったために、被災地の状況を熟慮できずに、自分の経験や知識だけで、もう支援は必要ないのではと考える向きが強くなっています

味由部長たちは、それを震災の風化と呼び、恐れています


先週、福島県の南相馬の知人からこんなメールがありました

残念ながら、津波による被害については宮城、岩手の沿岸部の皆様と同じなのですが、原発事故による復旧、復興、そして政府側の対応については失望するばかりです。
既に地域内に於いては様々な問題や不安がいりまじり、離婚や転職、雇用不足、事業所の廃業、賠償金や雇用保険受給による家庭崩壊(労働・就労意欲の減退や嫁姑の確執)が発生しておりますし、狭い南相馬市においても10繊20繊30舛糧鯑颯┘螢△砲茲覲亮垢覆鼻帖
震災・事故の風化(原発事故がまるで遠い過去の事、遠い地域の事とした方が地区外の方々は安心できる?)についても理解しつつも…納得が行きません。
我々の力の無さに故に復興が進まない!
情けないことですが全職員これでも精一杯頑張っているのですが、これが精一杯です




宮城県人である味由部長は、被災者の一人ですが、原発問題で苦しむ福島県の人たちの心の痛みを思い図ることができないのです。解るなどとは到底言えません

自身ハンディキャップを持つ味由部長としては、そこんとこを見極めて、支援活動を行っていきたいと思っております
      
   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ブログランキング

ここをクリックし投票願います。 すると現在の「にほんブログ村」でのランクわかります。
にほんブログ村
にほんブログ村

プロフィール

profilephoto
私の名前は味由である。味のある顔をしている。 ご主人様とは顔が瓜二つで、ゲーセンのUFOキャッチャーでキャッチされたのが出会いである。 このブログは、2012年11月に脳出血で倒れ、右半身が不自由になったご主人様と私こと味由部長が、リハビリに、震災復興に、まちづくりに、遊びにとポジティブな生き方を選び、そして歩むドタバタ奮闘記である。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM